下半身太りが気になる方、日本人ではとても多くいらっしゃいます。

肥満の方やぽっちゃり体系の方は両親からの遺伝だと思っている方も多く、確かに体系や体質などによる親からの遺伝が気になる問題なのですが。

今回、両親からの遺伝で太りやすい体質になってしまったり下半身の中でも気になる太い脚も遺伝となってしまうのかをご紹介してみたいと思います。

親からの遺伝だから仕方ないと諦める前に太るメカニズムについてきちんと理解をしておきましょう。

太りやすい体質や太い脚は親の遺伝で決まるのか!?

まず初めにご紹介させて頂くのは日本人に多い下半身太りでお悩みの方が大変多く下半身太りの原因についてとても注目されています。

そんな中、自分の両親の遺伝で下半身の気になる太い脚や体質などが決まってしまうと言う事も言われています。

遺伝によって体質等は決まってきてしまうのでしょうか?

結論からお伝えすると親の遺伝によって体質が変わる可能性があります。

遺伝による体質や体格等は約30%確率の割合が影響されると言われています。

しかし多くの下半身太りになる影響が大きいのは普段の生活環境となります。

遺伝の割合が30%に対して生活習慣での影響は70%でその人の体格や体質が決まりますので親の遺伝だからと諦めるのはとても勿体ないのです。

なので太い脚がコンプレックスに感じている方は遺伝だからと諦めずに、まずは生活習慣から変えていくことをおすすめ致します。

遺伝子別の下半身太りの体系をご紹介!

続いてご紹介するのが自分がどの様な体系であり、その体系により遺伝子の種類も様々あります。

肥満に関して遺伝子は現在の研究上、約60種類もの遺伝子が存在していますが、肥満型に大きく影響が見られる体系は大きく分けて3パターンとなります。

自分がどのパターンの体系であるのかをまず知る事から下半身太りを解消出来る多いな鍵となります。

自分の遺伝子タイプに合わせたダイエット法やトレーニングを見つけ出してみましょう!

りんご型体系【ベータ3AR遺伝子】

見た目はぽっちゃりの体系で丸みのある体系となっています。

お腹周りに脂肪が溜まりやすく内臓脂肪もとても付きやすい体質となります。

空腹を我慢できなく、ストレスが溜まってしまうと暴飲暴食などをする傾向にあり甘い物や炭水化物が大好きです。

洋ナシ型体系【UCPI遺伝子】

日本人にとても多いタイプでもある洋ナシ体系は4人に1人と言われています。

上半身は平均であっても下半身のお尻や脚などに脂肪が多く付いてしまうパターンで服のサイズも上と下ではサイズが異なる方は洋ナシ体系と言えるでしょう。

燃焼のしにくい皮下脂肪が多く、脂質の多い食べ物が大好きです。

バナナ型体系【ベータ2AR遺伝子】

見た目はリンゴ体系でもなく、洋ナシ体系でもない基本ほっそり体系のバナナ型体系の方でも肥満型遺伝子があります。

基礎代謝も他の遺伝子よりも高く食べ物もあっさりとした食べ物を好んで食べるのですが、一度脂肪が付くと他の遺伝子体系よりも痩せにくいのが大きな特徴となります。

食事が不規則であったり、身体を動かすのが苦手な方はもしかすると隠れ肥満となっている可能性もあるので注意しましょう!